Product

私たちは、脳梗塞・くも膜下出血に対する安全な手術を実現するため、
動画解析を活用した手術支援AIを開発しています

私たちは、豊富な医療データと最先端の機械学習を活用し、脳血管内手術のリアルタイム手術支援AIを開発しています。

脳血管内手術は、脳梗塞やくも膜下出血などを治療する手術方法のひとつです。脳血管内手術は、従来の開頭手術と比較して患者さんへの負担が少ない手法で、手術件数は年率10%以上で増加しています。

この脳血管内手術を行う際には、複数の部位を同時に見ながら繊細な操作をする必要があり、わずかな操作の遅れやずれが合併症につながります。脳は最も重要な臓器のひとつであり、合併症が起こった際には命に関わるような重篤な状況に陥ります。CEOの河野は、脳神経外科医師として16年間手術を行うなか、現場で経験してきたこの課題を解決するために、ディープラーニングを用いた手術支援AIの開発に着手しました。

医師は昼夜・土日を問わず、非常に過酷な労働環境の中で、高度な注意力と繊細な作業が要求される手術を行っています。私たちは、医師をテクノロジーによって支援するプロダクトを開発することで、医療の安全性をさらに高めることを目指します。


NEWS